Event(企画): 新津保建秀写真集『\風景』発売記念イベント

「\風景」@ 原宿VACANT
新津保建秀写真集『\風景』発売記念イベント
2012年3月15日(木)〜17日(土)

この度、角川書店より、写真家新津保建秀による写真集『\(バックスラッシュ)風景』が4月に発売となり、この発売記念イベント「\風景」を原宿VACANTで3/15~17の3日間開催します。

2007年春、都内近郊のある土地を訪れた新津保は、その翌年、乙一の小説『GOTH/モリノヨル』(角川書店)のための写真を撮り下ろしたことをきっかけに、その磁場に引き寄せられるように、継続的に撮影を行ってきました。今作はそれ以降に制作した、不可視の情報空間を流動する膨大な情報の流れを抽象化した作品「Binaural-Scape」(2008-2009年)、相対性理論+渋谷慶一郎のトリプルシングル「アワーミュージック」(commmons)のアートワークのための写真(2009年秋)、雑誌「FREECELL」(角川書店)に発表された地図とデスクトップ上のキャプチャー画像によるシリーズ(2010年初夏)、同誌のためにやくしまるえつこのポートレートとともに撮影された風景写真(2010年晩夏)、そして東京大学知の構造化センターpingpongプロジェクトの岡瑞起、橋本康弘による地図画像とのコラボレーション作品などによって構成されます。

今作はこれまで断片的に発表してきた写真と新作を統合し、風景について新しい解釈をなげかけるものです。新津保は、風景とは、その空間の現在のありようと、その場における人の営みの痕跡が堆積したものとの総体であると捉え、その場に内在する人の行為の集積によって生成されたレイヤーを写しとろうとします。ここでは、私たちをとりまく環境における光学的に記録が可能な風景と、情報空間上の膨大なデータの流動が異なる主体の行為と繋がることによって生成される非光学的な風景が対象となっています。そこに写っているのは、さまざまな風景写真とともに、情報工学的に生成された地図や、デスクトップ上に展開された極めて個人的な視線の集積によるアーカイブなどであり、堆積する記憶はネットワーク上の不可視の視線と連なっていきます。またタイトルのバックスラッシュには、プログラムにおいて後に続く概念を無化する働きがあり、『\風景』はさまざまな「境域」を改めて「風景」として捉え直した、近年の作業の集大成となる写真集です。

本展示&イベントでは、写真集の制作過程とリサーチで生まれたさまざまな副産物、共同作業から成る展示と、今作にゆかりのあるクリエイターによる「風景の記述」を主題としたプレゼンテーションとトークイベントを展開していきます。
 
 
【「\風景」プレゼンテーション】
会期:2012 年3 月15 日(木)- 17 日(土)13:00 – 18:00(初日は16:00まで)
会場:VACANT 2F 入場料:300円
参加者:池上高志、岡瑞起、ほか
※写真集『\風景』電子書籍体験版をフリーダウンロードしていただけます。
 

【「\風景」連続トーク!!】
各日時間:19:00開場/19:30開演
予約方法:〈booking@n0idea.com〉までメールにて予約をお願いします。
件名「\風景」、本文に希望日とお名前・人数・連絡先をご記入ください。

☆第1夜:3月15日(木)「\風景とマッシブデータフロー」入場料:1,000円
池上高志(複雑系研究者)×岡瑞起(ウェブサイエンティスト)×新津保建秀

2011年より池上氏と岡氏が現在HAKUHODO DESIGNの永井一史氏と共同で制作している電子書籍『MTM e-book』を中心にしたプレゼンテーションとなります。新津保建秀はこの本の中で写真を担当しており、これらの内容にまつまる話とともに、近年池上氏が手がける超指向性音響システムによつて形づくられる音の壁を生み出す「Sound Wall」、そしてそこから派生したサウンドインスタレーション「Sound BookShelf」、岡氏が手掛けるウェブ上の地理空間情報とTwitterのつぶやきを繋げた「pingpong map」を貫く概念「マッシブデータフロー」と私たちをとりまく新しい「風景」についてのプレゼンテーションを行う第1夜です。

☆第2夜:3月16日(金)「\風景と音楽プログラム」入場料:1,500円
2部制: 渋谷慶一郎(音楽家)×伊藤直樹×新津保建秀/evala(サウンドアーティスト)×清水幹太×新津保建秀

☆第3夜:3月17日(土)開場:19:00 (注:展示入場料のみかかります)
『\風景』クロージングパーティー
スライドショー&ライブ
ゲスト:永井聖一(ミュージシャン)

 
☆プレトークイベント決定!
3月15日(木)入場料:1,000円
時間:17:30~18:30(17:00開場)
早見あかり(モデル、女優)×川上アキラ(早見あかりさんマネージャー)×新津保建秀
※受付は終了いたしました

 

VACANT
150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13
TEL:03-6459-2962

 

 

 

 

 

 

 
 
【写真集概要】
タイトル:\風景
著者:新津保建秀
発売日:2012年4月10日予定 予価:4700円+税
仕様:A4ヨコサイズ/上製/110ページ
デザイン:田中良治(セミトランスペアレント・デザイン)
発行:角川書店 発売:角川グループパブリッシング ISBN978-4-04-110194-0
※電子書籍版の写真集『\風景』は5月10日発売予定。
 
 
新津保建秀
1968 年東京都生まれ。写真家。多領域のクリエーターとの共同プロジェクトも多く、「きこえる? School & Music」プロジェクト(文藝春秋/東京大学知の構造化センターpingpong project)、複雑系科学の研究者・池上高志と発表した〈Rugged TimeScape〉などを手がけている。〈Rugged TimeScape〉は第 14 回文化庁メディア芸術祭審査員会推薦作品となり、ドルトムントでの「文化庁メディア芸術祭ドルトムント展2011」アート部門に展示された。また『思想地図β vol.2 震災以後』での福島県の浪江町での撮影から音楽家の渋谷慶一郎と制作した映像作品「Namie0420」は、「堂島ビエンナーレ2011 Ecosophia—アートと建築」に出展されている。
著書:『Spring Ephemeral Binaural-Scape 3.17』『記憶』(フォイル)、新津保建秀+ 池上高志『Rugged TimeScape』(フォイル)ほか。
関連図書:『Tokyolife:Art and Design』(Rizzoli New York)、『季刊 Inter Communication 音楽 / メディア』(NTT 出版)、『建築と写真の現在』(TN プローブ)、『‘ おいしく食べる ’ の科学展』(科学未来館)など。

 

One thought on “Event(企画): 新津保建秀写真集『\風景』発売記念イベント

Comments are closed.