Event: 表現はいかに自主規制を切り抜けていくか

Print

『あなたは自主規制の名のもとに検閲を内面化しますか』出版記念トークイベント
「表現はいかに自主規制を切り抜けていくか」

2016年6月14日(火)19:00〜21:00
出演者:岡啓輔(蟻鱒鳶ル)/田中功起、藤井光、奥村雄樹(ARTISTS’ GUILD)/大舘奈津子、影山裕樹(芸術公社)

 
本書は、東京都現代美術館にて開催されている「キセイノセイキ」展と時期を合わせて、展覧会とは別のもう一つのプロジェクトとして企画編集されました。内容は主に、ARTISTS’ GUILDのメンバーが現代美術に限らず様々な分野の方に「自主規制」の問題を問うインタビュー記事が中心になっています。社会に不寛容さが増すなか、アーティストや表現者、そして表現者を支える制度は、いかにして自主規制や自己検閲を切り抜けていけるのでしょうか?
 
ゲストに、本書にも登場いただいた蟻鱒鳶ルの岡啓輔氏を迎え、本書の企画・設計チーム(田中功起+影山裕樹、英文:奥村雄樹)と、ARTISTS’ GUILDから藤井光、芸術公社から大舘奈津子を加えたトークイベントを開催いたします。
 
※登壇者に奥村雄樹(ARTISTS’ GUILD)が追加決定しました!


【イベント概要 】
2016年6月14日(火)19:00〜21:00
会場:原宿VACANT(150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13)
入場料:1500円
出演者:岡啓輔(蟻鱒鳶ル)/田中功起、藤井光、奥村雄樹(ARTISTS’ GUILD)/大舘奈津子、影山裕樹(芸術公社)
予約:booking@n0idea.com(VACANT)
※件名を「表現はいかに自主規制を切り抜けていくか」とし、お名前・人数・連絡先を記入してメールをお送りください。
※書籍『あなたは自主規制の名のもとに検閲を内面化しますか』の詳細はこちら

 
 
岡啓輔(おか・けいすけ):1965年福岡県生まれ。住宅メーカー勤務後、上京。建築現場で働き、土工、鳶、鉄筋屋、型枠大工など、現場経験を積む。1988 年より高山建築学校に参加。画廊運営、舞踏などの経験を経て2004 年11 月より、東京・三田で蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)を建設中。
 
田中功起(たなか・こおき):1975 年生まれ。アーティスト。第55 回ヴェネツィア・ビエンナーレ(2013)日本館にて特別表彰を受賞。2015 年、ドイツ銀行のアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選出される。著書に『必然的にばらばらなものが生まれてくる』(武蔵野美術大学出版局、2014)、『質問するその1(2009–2013)』(ART iT、2013)など。
 
藤井光(ふじい・ひかる):1976年東京都生まれ。パリ第8 大学美学・芸術第三期博士課程DEA卒業。芸術は社会と歴史と密接に関わりを持って生成されていることに基づき、既存の制度や枠組みに対する問いを実証的に検証する作品を主に映像を使って制作。主な個展に「JAPAN.SDF」(遊戯室、2007)、主なグループ展に「ジャパン・シンドローム」(ベルリンHAU、2014)、「3.11とアーティスト:進行形の記録」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、2012)。監督作品に『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』(2013)など。
 
奥村雄樹(おくむら・ゆうき):1978 年生まれ。映像、テキスト、展覧会などの媒体を駆使しつつ、社会を成立させる言語的な規則を誤作動させながら、主体を入れ替えたり世界を書き換えたりするための形式、あるいは身体の物質性や時空の連続性を突破する恊働の形態として「翻訳」や「解釈」の可能性を探る。近年は「私」という問題に批判的に取り組む他の作家たちの作品を参照し、それらを主観的に再解釈・更新するプロジェクトが多い。 翻訳家としても活動。
  
大舘奈津子(おおだて・なつこ):東京都生まれ。一色事務所にて、荒木経惟、森村泰昌、笠原恵実子、やなぎみわ、藤井光のマネジメントに携わる。2010年よりウェブマガジン「ART iT」の編集を兼任。「横浜トリエンナーレ2014」キュレイトリアル・アソシエイツ。これまで担当したプロジェクトとして「やなぎみわ:Windswept Women-The old Girls’ Troupe」(ヴェネツィアビエンナーレ日本館、2008年)、「Yasumasa Morimura: Theater of Self」(ウォーホール美術館、ピッツバーグ、2013年)、「荒木経惟 往生写集」(豊田市美術館、新潟市美術館、資生堂ギャラリー、アムステルダムFOAM写真美術館、2014年)など。NPO法人 芸術公社メンバー。
 
影山裕樹(かげやま・ゆうき):1982年東京生まれ。雑誌編集部、出版社勤務を経て独立。アート&カルチャー書のプロデュース、広報誌やウェブ媒体の編集、展覧会やイベントの企画など幅広く活動する他、各地の芸術祭やアートプロジェクトに編集者、ディレクターとして携わる。著者に『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)。NPO法人 芸術公社メンバー。

One thought on “Event: 表現はいかに自主規制を切り抜けていくか

Comments are closed.