Book: “THERIACA 服のかたち/体のかたち”

本書は島根県立石見美術館で開催される、ベルリンを拠点に活躍するデザイナー、濱田明日香が手がけるファッションレーベル「THERIACA(テリアカ)」初の大規模展覧会にあわせて刊行される図録です。ここでは、衣服のさまざまなあり方を探求し日々実験を重ねて来た濱田が、「ひと」から形をとって服を作るのではなく、「もの」の形と向き合い、服に落とし込んだ新作や、サイズやシルエットなど衣服の基本的な要素を濱田独自の視点で捉え直した作品が一堂に集います。

ソファやトイレットペーパーといった、私たちにとって身近な「もの」の形が衣服へと姿を変える「もののかたちの服」、一枚の布から着想を得て衣服へと変換する「ベットシーツの服」、丸や四角など幾何学的な形状を服にした「かたちの服」の3部で構成され、また濱田明日香のアイディアノートも挟み込んだ「THERIACA」初のアートブックとなります。私たちの知る「もの」でなく、また見慣れた服からも距離のある濱田の作品は、不思議な雰囲気を放ち、洗練されていながらどこかユーモラスでもあります。それらは服という言葉をイメージできる範囲を押し広げ、楽しさを提供しながら私たちに新しい服のあり方を提案してくれるのです。
 
 

『THERIACA 服のかたち/体のかたち』
著者:濱田明日香
デザイン:服部一成
写真:大森克己
仕様:A4型/糸中綴じ/96P
言語:日本語/英語
定価:2,400円+税
ISBN978-4-907562-14-4 C0077

日本郵便レターパックでの発送です。※日本国内送料無料
  
   
関連展示:THERIACA 服のかたち/体のかたち
2018年7月27日(金)~9月9日(日)
島根県立石見美術館
 
 
Asuka Hamada/濱田明日香
ベルリンを拠点に活動を展開するファッションデザイナー、濱田明日香が2014年に立ち上げたレーベル。万能解毒剤からとられた名前には、作品が人のコンディションをポジティブに転換する力となるようにとの願いが込められている。流行や利便性を追うのではなく、着た人が自分らしくいるために必要とされる服を目指し、ギャラリーなどを会場に作品を発表している。濱田明日香名義で『かたちの服』『ピースワークの服』『甘い服』(ともに文化出版局)などのソーイングブックも出版している。
www.theriaca.org

Posted in: Book