SOUND AND VISION [Special Edition]

角田純

¥25,000 (+tax)

在庫あり

『SOUND AND VISION』は、抽象絵画を描き続けてきた角田純の次なる表現である、約20年に渡って制作された、文字にまつわるドローイング作品を集めた一冊です。文字を用いて絵画を描く、さまざまな文字の特性を融合して書を描く、そして書を崩したタッチを筆跡に残しドローイングを描くなど、複数の表現に通底しているものは、プリミティブな「文字」を自由に表現へと置き換えるアプローチです。

「文字」は言葉を生みます。ここではフェルナンド・ペソア、エミリー・ディキンソンなどの詩人たちや、芭蕉や種田山頭火などの俳人、さらに角田が影響を受けた多くの音楽家、芸術家のオマージュとして、彼らにまつわる言葉を描いています。

書道やアラビア文字、グラフティカルチャーなど、国境を越えさまざまな文字のスタイルを取り入れ、さらにはタイポグラフィと絵画の間を行き来するような、ジャンルを横断した表現形態。そこから形態はハーモニーへと、筆跡はイマジネーションへと変わり、「音と幻影」が生まれ出します。

刊行に合わせて、オリジナルドローイング付きのスペシャルエディションを販売中です。作品集の中にも含まれている線を用いたドローイング1点が作品集とともに特装函に収められています。

 


 
内容:作品集『SOUND AND VISION』、ドローイング1点(およそA4サイズ)、特装函
エディション:50
*額は付属しておりません
一点一点ドローイングが異なります。写真とは異なる可能性がありますので、ご検討の方はメールにてお問い合わせください。
order@torchpress.net