ユージーン・スタジオ 新しい海

ユージーン・スタジオ 新しい海

¥3,800 (+tax)

解除
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: , ,

2022年1月下旬発売予定  表紙AとBの2種よりお選びください
 

平成生まれの作家としては東京都現代美術館で初の個展を開催する、気鋭の現代アーティスト・寒川裕人によるユージーン・スタジオ。本書は平面作品から大型インスタレーション、映像作品、彫刻作品など、その多岐にわたる活動を明らかにする大規模個展の公式展覧会図録となります。代表作〈ホワイトペインティング〉シリーズ(2017年-)や《善悪の荒野》(2017年)から、大型の新作インスタレーション《海庭》などの最新作に至るまで、活動に通底する視点や発想、哲学を紐解きます。
 

寒川は個人的な関心から美術史、過去の事象や文明などの主題を並列に昇華させ、単なる二次元的なヴィジョンではなく、社会の環境や循環の中で生きる私たちの存在を立ち上がらせます。現実を見据えて未来へと漕ぎ出すための叡智を喚起させるこれらの作品群を振り返り、アーティストの言葉とともに紡ぐ、充実のアーティストブックでは、生物学者の福岡伸一氏との対談や『オクトーバー』誌や『フリーズ』誌に寄稿するアメリカの批評家 デイヴィッド・ギアーズ氏の論考などを通して、ジャンルを超えた多面的な作品世界の深みをさらに掘り下げます。
 
目次

ごあいさつ
アーティストステートメント

ユージーン・スタジオ-寒川裕人 まなざしのゆくえ 丹羽晴美 東京都現代美術館 学芸員海庭
ホワイトペインティング

モノクロームのなかの情念 デイヴィッド・ギアーズ

レインボーペインティング
想像 #1 man
ピュシスのしっぽをつかまえる 対談 福岡伸一× 寒川裕人
私は存在するだけで光と影がある
私にはすべては光り輝いて映る
Our dreams|夢
ゴールドレイン
小さな共通項(36人で同時に見上げた空)
この世界のすべて
あるスポーツ史家の部屋と夢 #連弾
善悪の荒野
物語の整地
作品リスト
謝辞

 


「ユージーン・スタジオ 新しい海」

2021年11月20日(土)~2022年2月23日(水・祝)

東京都現代美術館 10:00 – 18:00  月曜休み 

 


 

仕様:B5版変形/上製本/220P
対談:福岡伸一(生物学者)×寒川裕人
執筆:デイヴィッド・ギアーズ(美術評論家)
丹羽晴美(東京都現代美術館学芸員)
デザイン:須山悠里、島田耕希

言語:日本語・英語

定価:3,800円+税

ISBN978-4-907562-34-2 C0071

 

 

EUGENE STUDIO(ユージーン・スタジオ)/寒川裕人(Eugene Kangawa、1989年アメリカ生まれ)の日本を拠点とするアーティストスタジオ。個展「THE EUGENE Studio 1/2 Century later」(2017年、資生堂ギャラリー)や、完全な暗闇で執り行われる能のインスタレーション「漆黒能」(2019年、国立新美術館、シテ方・大島輝久)を開催。その他「89+」展(2014年、サーペンタイン・ギャラリー、ロンドン)への作品提供、「資生堂ギャラリー100周年記念展」(2018-2019年)におけるイギリスの建築家集団アッセンブルとの協働、「de-sport」展(2020年、金沢21世紀美術館)への参加、アメリカを代表する現代SF小説家ケン・リュウとの共同制作『ALTER』(2017年)など。現在、短編映画2本(2021年、アメリカ、日本)が、ヒューストン国際映画祭で最高賞受賞、その他10以上の国際映画祭で受賞やオフィシャルセレクションへの選出が続いている。